高千穂神楽面

高千穂神楽面/天岩戸木彫

神楽面一覧 修理修復について 木材紹介

工房紹介 ギャラリー 取材一覧

高千穂神楽面とは?

画像

 

宮崎県高千穂町は「神々の里」と呼ばれ、
八百万(やおよろず)の神々が住んでいた場所だと言われています。

 

その歴史は室町時代にまで遡り、
その奉納の祭りで使用されるのが「高千穂神楽面」です。

 

神楽面には、舞手用と装飾用の面があり、
舞手用神楽面は神社などに奉納されることにより魂が入り、
神様として扱われています。

 

装飾用神楽面は、縁起物として主に自宅に飾ったり贈答品として扱われ、
県の伝統工芸品に認定されています。

 

 

【最新情報】 天岩戸木彫

 

H27/06/03:国分太一のおさんぽジャパンの公式フェイスブックページにて紹介されました。
H25/11/26:athomeの公式サイト「明日への扉」にて紹介されました。

 

 

神楽面工房/天岩戸木彫

 

神楽面一覧 ギャラリー
木材紹介 工房紹介
修復やオーダー等 取材一覧
 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 神楽面一覧 修復やオーダー等 工房紹介 取材一覧