高千穂神楽面

木材の紹介

木材の紹介/使用木材

 

楠(くす)の木

画像

香りが良く、木目がしっかりと出て、
木によっては赤や黒みがかり一つ一つ独特の仕上がりになる。

 

防虫効果から元来虫除けに使われたくす玉(楠玉)の語源であるという説もある。
虫害や腐敗に強い。

 

木の乾燥期間:二年以上

 

 

桐(きり)の木

画像

日本国内でとれる木材としては最も軽く、
割れや狂いが少ないという特徴があり、高級木材として重宝されてきた。

 

乾燥させる時間が長く、加工には技術が必要とされる。
完成後は白く仕上がり、主に舞手用に使われる木材。

 

木の乾燥期間:十年以上

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 神楽面一覧 修復やオーダー等 工房紹介 取材一覧